久しぶりの香味屋@板橋

シェアする

080513komiya01.jpg080513komiya02.jpg仕事の帰り道、すごく久しぶりに「香味屋」に寄りました。
到着すると隣接したコインパーキングは一杯で10分程待ち、やっと空きました。早速店内へ。13時くらいでしたが待ちはゼロ、しかし、店内は満席です。ソコソコ人気は保っているのですね。新しいメニューでしょうか?「つけ麺」があります。早速「チャーシューご飯」と併せて注文です。
2枚目の写真はガスコンロ(?)でチャーシューを炙っているところです。炭ではないと思います。私より後に来た「普通のラーメン」を注文したお客さんに遅れて到着です。別に怒ってませんよ。つけ麺だからしょうがないです。

感想は、、、残念です。何もありません。

つけ麺だからと言って「椿」やら「TETSU」系の味を期待していたわけではありません。しかし、それにしても特徴がありません。醤油味の普通の「つけダレ」です。

で、気になったのですが、「香味屋」さんって塩味の背脂が浮いたスープがメインでしたよね?私は個人的には好きでしたよ。しかし、醤油味のラーメンを注文する人が多いんですよ。どうしたんでしょうか?
で、その不人気な元メインの「塩味」ベースで「つけ麺」を作ったらいいのにな、と思います。店名がせっかく「香味」なのですから「いい香り」がする「何か」を入れて欲しいです。「しそ」やら「ハーブ」とかの香草類とか考えれば無限大かと。
とにかく特徴が欲しいですね。でないと、単なる流行りで「一応つけ麺やっとくか」的にしか見えません。

これが香味屋のつけ麺だ!

ってのが欲しいですよ。

ラーメン店の評価サイトを見ていると、「味がしない」などの酷評が目立つ「香味屋」さんですが、そんなこと無いと思います。頑張ってください。

さて、次回は懐かしの塩味を食べると思います。楽しみです。待っていてください。

「香味屋」さんの酷評を見てみる?

シェアする