「マルチタッチなトラックパッド」別売りの可能性は?

シェアする

080726trackpad.jpg「MacBook Air」用にワイヤレスな「Bluetooth マウス」を買おうとしてたんですが、止めました。

それは既に星の数ほど語られ、紹介されている「マルチタッチなトラックパッド」のせいです。

操作性が素晴らし過ぎます。但し、当然対応アプリがです。IBMの「トラックポイント」が最高と勘違いしてました。視野が狭すぎました。反省してます。タイプ主体ならキーボードのホームポジションから手を離さなくて良い「トラックポイント」に分があるかもしれませんが、タイプばかりしてることって無いんですよね。

ってことで、アップルは「マルチタッチなトラックパッド」部分だけを切り取って、USBデバイスとして売るべきです。もしくは、アップル純正なキーボードにも「マルチタッチなトラックパッド」を付けるべきです。

「ThinkPad」には良いところがいっぱいありますが、やっぱり私は「トラックポイント」が好きで選んでたところがあります。
アップルも「マルチタッチなトラックパッド」で選ばれるメーカーになる(?)なっている(?)可能性がありますね。それほど「マルチタッチなトラックパッド」は素晴らしいってことで。

但し、「マルチタッチなトラックパッド」も「IBMなトラックポイント」もマウスにはかなわない操作感ってあるんですよね。得意、不得意があるのはしょうがない。万能な入力デバイスは出現するのか?まあ、使い分けでいんでしょうけどね(笑)

シェアする