「麺屋 音」@北千住に初訪問 #ramen #ラーメン #らーじお

シェアする

2013年10月16日に北千住にオープンしたばかりのラーメン屋さん、「麺屋 音」さんに行ってきました。何でも亀有にある「麺屋 天翔」さんの2号店だそうです。行ったことは無いのですが、つけ麺の汁どんぶりを一人一人の席に備え付けてある IH ヒーターに乗せて冷めにくくしてる店ですよね。ってメディアで観たことがあります。なかなかの人気店らしいので1度は行かねばと思っておりました。

ってことで、2号店から攻めることに(笑)

2号店は超煮干し&鶏塩白湯&豚骨魚介つけ麺の3本立てみたいです。で、私は連食は無理なので2日連続で超煮干し&鶏塩白湯を食しに行ってきました。


「音」のデザインが特徴的な看板ですね

北千住駅の西口から宿場町通りに入り、150m くらい進んだ右側ですね。わかりにくくは無い場所だと思います。私が行った時間(22時くらい)は3組ほど表に並んでましたが、最初に食券を買ってから並ぶシステムだそうです。券売機は入り口から入ってすぐ左側にあります。何も知らずに並んでしまいましたが、しばらくしてから店員さんが出てきて教えてくれました。前に並んでた人が教えてくれればいいのに。。。ブツブツ


席に着くと金ピカのお盆とお箸がセットされてます

まあ、店内は日本料理店のようですねぇ。BGM もお三味線な感じです。席に着くと、すかさず可愛い女性店員さんが手渡しでタオル地の「おしぼり」を渡しに来てくれます。


まずは「特製煮干しそば(しょう油)」950円

具沢山バージョンですね。煮干しそばには(塩)バージョンもあるみたいです。実は魚(火が通った)が苦手なのですが、オススメということで挑戦です。スープの1口目は正直、煮干しがキツくて「ウッ!」って感じでしたが、食べ進めるうちに慣れてきたのか全然平気になりました。ただ、今まで食べた煮干しラーメンの中では一番キツイかもです。(塩)バージョンだと、よりキツく感じるかも知れませんね。スープの粘度もドロっと少々高め。ボコボコの丼が特徴的。


ちょい寄りです


麺はストレートぎみ、デフォでもしっかりした歯ごたえ

特製には、適度な半熟玉子、海苔、分厚いチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、長ネギ、ゆず皮がのってました。本来は「梅鶏団子」なるモノがのるそうですが、切れてしまったとのことで今回はチャーシューが多くのってるそうです。最近、玉ねぎが入ってる店が増えましたよね?良いアクセントになりますし大好きです。

豚チャーシューはかなり分厚く硬め、特徴的な斜め切りです。意図して斜め切りかどうかはわかりません。脂身は少なく肩ロースかな?しっかりしたチャーシューが好きな人にはいいかも。

テーブルの調味料はこんな感じ。柚子胡椒はあるのですが、普通のコショウがありません。その代わり(?)ゴリゴリやる山椒がありますね。煮干し臭さを抑えるのは山椒のが良いかな?よくわかりません。


そして2日目は「特製鶏塩そば」900円


ちょい寄りです、脂は結構浮いてますね

麺は煮干しそばと一緒だと思います。チャーシューは鶏チャーシューになってますね。なかなか柔らかくて美味しいです。あと違いは「かいわれ」がのってるのと、玉ねぎが無いくらいですかね。メンマはそれほど特徴的には感じませんでしたね。スープはあっさり、普通、濃厚から選べるそうで、今回は当然濃厚にしたわけです。適度にトロみがあり、鶏出汁感も感じられる美味しいスープでした。野菜でトロみを出してるようなザラザラ感は無かったですね。なかなか美味しいです。

そして、これが「梅鶏団子」特製には2個のってました。これが「特製煮干しそば」にも入るはずだったんですねぇ。軟骨も入ってますし、弾力がしっかりしたタイプです。これははっきり言って旨いです。鶏チャーシューは要らないかも知れません。

ってことで、2日続けて同じラーメン屋さんに行くという、滅多にそんなことしないんですが、たまたま北千住に用事があったってことで。比較的近所でもありますし、美味しいお店は見つけておきたいですよね。次回は「濃厚つけ麺」ですかねぇ。ただ、飽きた感満載の「豚骨魚介」だそうなんですよ。鶏魚介だったらモチベーションが上がるんですけどねぇ。

そして、最後に営業時間についてですが、ネットで調べても見つからなかったので店員さんに聞きました。現在は、火曜日定休、11:30~15:00(お昼の部)、17:00~22:00くらい(夜の部)らしいのですが、ゆくゆくは1号店の天翔(てんか)同様、24時まで&年中無休にする予定だそうです。

シェアする