ブログの引越しをしました

シェアする

coreserver tipsってことで、このブログも5年目を迎え、ホスティングサーバの移動とプログラムの変更をしました。 とりあえず、自分のためのメモ書きってことで。

目的は、表示スピードの遅さ&古いプログラムへの不安ですね。速くなったでしょうか?

サーバ:「80code.com」「coreserver.jp」
CMS:「XOOPS版WordPress」「普通のWordPress」

まず、「CORESERVER」で「WordPress」をインストールしたわけですが、少々問題があります。「xrea」のサーバでは「php」スクリプトをセーフモードで動かすため(?)「WordPress」のファイルアップロード機能で自動的に作成されたフォルダの所有者が「apache」になってしまい正常にファイルをアップロードできません。そこで、サーバーのコントロールパネル内「ツール」→「ファイル所有者の修正」で「apache」→「ユーザ」になるようにします。

それと、併用して必要と思われるのが、「php」を「cgi」として動作させるということです。これは「wp-admin」ディレクトリーに以下の内容で「.htaccess」を設置します。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

<files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

<files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

<files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

ってことで、まずはブログ記事のバックアップです。これは以前書いた記事通りで、別に一応データベース(MySQL)のバックアップもしておきましたが、RSSのエクスポートで済ませました。
で、出力したファイルを「ダッシュボード」→「インポート」→「RSS」からインポートして完了です。記事内でリンクされたピクチャーへのハイパーリンクは「XOOPS」用の「/modules/wordpress/wp-content/uploads」を指していますので、エディターの一括置き換えを使い「/wp-content/uploads」にインポート前に変更しておくと良いと思います。

ってことで、無事引越し&プログラム変更をして一安心なのですが、日々試行錯誤しております。しかし、ブログに特化しているだけのことはあり「WordPress」は良いですね。ブログ専門のサイトは以前から「WordPress」で作っていたのですが、会員登録などの要素がコンテンツに含まれる場合は私には「XOOPS」しか選択肢がありません(笑)

シェアする