iPhoneのApp Store審査は独占禁止法違反にならないのか?

シェアする

禁止

ふと、考えてみました。

マイクロソフト「Windows」の「IE」バンドルが独占禁止法違反である、と欧州から指摘されていた話題は記憶に新しいと思いますが、「iPhone」におけるアップルの「App Store審査」は独占禁止法違反にならないのでしょうか?標準アプリと競合するようなアプリは審査に通らないとの定説があるようですが、それは公式見解だったのでしょうかね?

もっとも最近は標準アプリと競合するアプリが多数審査を通り、リリースされ、審査が緩和されているかのように見えるわけですが、本当に緩和されたのでしょうか?「Firefox」なんかも出る可能性があるのでしょうか?

「iPhone版Safari」は素晴らしいブラウザーだと思います。そして、「Safari」と同じエンジン「WebKit」を利用しているサードパーティー製ブラウザーも独自の機能を付加していて素晴らしいと思います。そして「WebKit」を利用することにより開発が容易になっているんだとも思います。が、しかし、別エンジンを搭載したブラウザーは現れるのでしょうか?審査に通るのでしょうか?

例えば、標準のメールアプリ内のハイパーリンクをタップすると当然のように「Safari」が立ち上がるわけです。疑問を感じませんか?アプリケーション毎に立ち上げるブラウザーを選べると便利だとは思いませんか?多くのFTPクライアントアプリケーションが標準のエディターを選べるのと同じように、「iPhone」でも選べるようになれば良いなと思ってみたりします。

シェアする