「MCE」で「mp4」を再生してみる(もちろんリモコンもOK)

シェアする

mp4_on_mce.jpg

MCE(Windows Media Center Edition)で何が不便って、「DVR-MS」 だとか「AVI」しか再生できないことですよね。

先日も「MCEBuddy」が素晴らしいで書いた通り、低画質で良いのでしばらくの間残しておきたい録画ファイル(DVR-MS)を「mp4」に自動変換してるわけですが、この変換された「mp4」ファイルは標準状態の「MCE」では再生はおろか「MCE」内でリストアップすら出来ません。これは大変不便です。ってことで、ネットで色々調べて再生できるようにしました。

やることとしては次の2つになります。

1.「mp4」形式のファイルを再生できるよにコーデックをインストールする

・まずは、以下のサイトより「ffdshow」をダウンロードしインストールする。

http://www.gigafree.net/media/codecpackage/ffdshow.html

・インストール後、「ビデオデコーダーの設定」内「コーデック」にて再生させたい(させたくないない)形式を設定する。

・以下のサイトより「MP4 Splitter」をダウンロードしインストールする。

http://www.gigafree.net/media/codec/mp4splitter.html

インストール方法は、解凍しできたファイル「MP4Splitter.ax」を「/Windows/System32/」フォルダにコピーし「コマンドプロンプト」より「regsvr32 MP4Splitter.ax」を実行します。

・「FLV」ファイル(フラッシュビデオ)も再生させたいなら以下のサイトより「Flash Video decoders」もダウンロードしインストールする。

http://www.rarewares.org/others.php#flash-video-dec

インストール方法は、解凍しできたファイル「FLVSplitter.ax」を「/Windows/System32/」フォルダにコピーし「コマンドプロンプト」より「regsvr32 FLVSplitter.ax」を実行します。

以上までの操作で「mp4」ファイルを、「Windows Media Player」で再生できるようになります。「MCE」から再生する必要が無い方はここまでの作業で終わりです。
「Windows Media Player」やら「MCE」での「mp4」ファイル再生にこだわらない方は「VLC media player」を使用した方が簡単で楽でしょうね。

2.「MCE」内の「マイビデオ」に「mp4」ファイルを表示できるよう(認識されるように)にする

・「レジストリエディタ」を起動し「HKEY_CLASSES_ROOT」内の「.mp4キー」を探します。その中に新規で「文字列値」を作成し「名前」を「PerceivedType」、「値のデータ」を「video」とします。
「レジストリエディタ」を終了し「Windows」を再起動します。

・「MCE」を起動し「マイビデオ」→「情報ボタン」→「ビデオの追加」→「フォルダの追加」→「次へ」→
といった感じに進んでいき、「mp4」ファイルが入っているフォルダを追加します。すると、今まで表示すらできなかった「mp4」ビデオファイルが観れるようになります。「FLV」ファイルは試していないのでわかりませんが、「レジストリエディタ」にて「.flvキー」に「mp4」と同様に「文字列値」を追加すれば良いようです。

以上で私の環境でも何ら問題無く「MCEBuddy」で圧縮・変換された「mp4」ファイルを「MCE」で再生することができました。もちろん「MediaCenter」対応のリモコンも使えますが、早送り、巻き戻しは効きません。15秒程の「スキップ送り」と「スキップ戻し」は効きます。

※ 以上の作業はもちろん全てサードパーティーのプログラムや危険なレジストリー操作ですので自己責任でお願いします。

参考にさせて頂いたサイト様

・http://www.patuvol.mydns.jp/~patuvol/blog/2008/08/windows-media-centermp4.html
・http://anduswm9221.blog110.fc2.com/blog-entry-302.html

シェアする

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by 裏社会のエージェント. 裏社会のエージェント said: 「MCE」で「mp4」を再生してみる(もちろんリモコンもOK) http://is.gd/bbtUX […]

  2. このコメントはブログの管理者によって削除されました。