NEX-7 のコンセプトデザイン

シェアする

20100531_nex7_concept.jpg

SONY α NEX-7 のコンセプトデザインとされるCGがUPされてます。

Yee Qing Xiang

もちろん出所はソニーでは無いでしょうし、勝手に作られたものだと思います。12枚程UPされてますが、軍艦部(トップカバー)に段がついており、リコーの「GXR」やオリンパスの「PEN Lite」のようです。現行一眼レフである「α550」を箱型にし、「NEX-3/NEX-5」っぽくしたように見受けられますが、ちょっと違うような気がします。ただ、2点ほど良いなと思うのが1つは内臓EVFでしょうか。アクセサリーシューを塞がない内臓EVFはぜひ実現してもらいたいと思います。それとパナソニック「G1/G2/GH1」のようなタイプのバリアングル液晶でしょうか。




「NEX-7」の位置づけについて考えてみました。ミラーレス機としては最上位機種(発売時)となることは間違い無いと思うのですが、一眼レフ機も含めた「α」シリーズとしては中級機的な位置づけになるかもしれませんね。つまり、現在の「α550」もしくは既に製造終了となった「α700」くらいでしょうか。それは画質、機能的な面のですが、一眼レフ機との違いはミラーレスか否かという点だけになってしまいます。小さくて軽いに越したことはありませんが、「α550」の後継機種あたりとの棲み分けははどんな感じになるんでしょうかねぇ。まあ、なかには一眼レフ機の「あのシャッター音」がしないとダメとか、カメラが大きくないと撮ってる感がないとか、そういうこともあるんでしょうけど。やはり、防塵・防滴・耐久性などの、いわゆる「プロ仕様」が一眼レフ機ということになるんでしょうかねぇ??プロ仕様機がミラーレスになる時代は、まだまだ遠いような気がします。

シェアする