「iOS 4」アップデータ配布を前にして

シェアする

iOS4 on 3GS(画面はハメ込みです)

皆さんご存知、いよいよ明日(2010年6月21日)は「iOS 4」アップデータの配布日ですね。私は去年の6月28日にブログで「OS 3.0」アップデートについて、こんなことを書いてました。

「OS3.0」が載った「3G」はまるで「Windows Vista」が載った旧機種のようです。
そして来年の今頃も同じようなことを言ってると思います。「OS4.0」が載った「3GS」はまるで「Windows 7」が載った旧機種のようです。

そう、つまり、旧機種に最新のOSをインストールすると「モッサリするの法則」なのです。

今回もアップルは最新機種(iPhone 4)の発売直前に最新OS(iOS 4)のアップデータ配布を行います。つまり、旧機種に最新OSをインストールさせ、そのモッサリ感にがっかりさせ、最新機種(iPhone 4)を買わせる作戦なのです。恐らく、この作戦は永遠に続くことでしょう。「iPhone」が廃れるまでは(笑)

ってことで、「iPhone」のデベロッパーの方々にお話を聞いたのですが、やはり「3GS」上で動かす「iOS 4」はモッサリしてるそうです。「GM」の話なので、リリース版がどうなのかはわかりませんが、間違いなく「モッサリするの法則」が適用されるものと思われます。

去年は「OS3.0」にアップデートした「3G」に驚愕し「3GS」を購入してしまいましたが、今年はどうなることでしょう?そういうアップルの戦略にハマっても心地よいほど「Mな」アップル信者じゃありませんし、できたら無用な出費は抑えたいものです。

余談ですが、旧機種で最新OSや最新ソフトが快適に動くように作り、プログラマーの腕を競っていたような時代はとっくに終わってしまったんですね。あくまで基準は最新機種というのは少し寂しいような気がします。

シェアする