職質される度にいつも思うこと

シェアする

まあ、はっきり言って、警官は嫌いですね。子供の頃は「大きくなったら警官になりたい」とかあったかもしれませんが、今の警官の「正義の味方じゃなさ加減」を見たらとてもじゃないですね。

以前から何度もここで書いてますが、新車のバイク(250cc)を買った翌日に盗まれ、交番に盗難届を出しに行っても警官の態度がカチンときます。慰めの言葉なんか全く無く、「しょうがないね」でおしまいです。近所を探すわけでもないし、バイクの特徴等を聞く(探すなら聞くよね)わけでもないし、1万円ソコソコのママチャリを盗まれちゃったくらいの感覚みたいです。50万円前後のバイクを盗まれて、そんな態度は無いですよね。

ってことで、この話を書いてると止めどもないないので止めますが、表題の通り職質されました。まあ、何度もされたことありますが、とにかく横柄です。荷物出せだの、どこ行くんだ?だの、免許証出せだの、お前のバイクか?だの。こんなことしてる暇あるならバイクやチャリ窃盗団の摘発に時間を費やせって話ですよ。いま、どれくらいのバイクやチャリが年間盗まれてるか知りませんが相当数ですよね?人の大事なモノを盗んで儲けてる輩が「のうのうと生きてる」と思うと腹が立つってもんです。

って、職質される度に思い出してイライラするわけです。

シェアする