本物の NEX-7 と思われる写真が出まわりお祭り騒ぎです #sony #nex

シェアする


ソニー「α77」と同時期(8月末?)に発表になるかもしれないソニー「NEX-7」の写真が出てきましたね。以前出回った写真は上記のようなバックショットでした。この写真からも色々なことがわかります。EVFと思われるファインダー内蔵、Aマウントカメラと共通のアクセサリーシュー、明らかに多くなったボタン・ダイヤル類、内蔵ポップアップフラッシュ・・・

「NEX-5」で散々指摘されてきたボタン・ダイヤル類の少なさをカバーしてきて、なおかつ、「NEX-3/ 5」にはオプションすら無かったEVFを内臓、同梱はしてたが外付けなフラッシュ、ここらへんを全て解決してきた形ですね。

従来の一眼レフカメラの形にとらわれない、Eマウント仕様の「α55」より高性能なカメラ

って感じでしょうか?

そして、今回はフロントビューの写真が出回りました。


NEX-7 と思われる写真


現行 NEX-5

出所はこちらです。比較のため「NEX-5」の写真も載せておきますね。「NEX-5」によく似たグリップ形状ですがかなり大型化されてますね。取り付けられてる Eマウントレンズの大きさから比較して、ボディの高さ、幅もひと回り以上大きくなった印象です。厚みも少々増してるように見えます。特に「NEX-5」は極限までボディを「削ぎ落した」デザインでしたし、それとトレードに非内蔵フラッシュだったりしたんだと思います。
内蔵された EVF が噂通り「α77」と同じ約300万画素だとすれば、アクセサリーシューに付けるような OVF は要りませんよね?っていうか OVF 命な方は「α」を選ぶ意味も必要も全くありませんね(笑) 早く300万画素の EVF ってやつを見てみたいです。


そして、忘れてはいけないのが、新型マウントアダプター(LA-EA2?)ですね。上記の写真はライカのモノで関係ありませんが、噂によるとこのようなマウントアダプターを介してAマウントレンズを使えるようになるようです。それは、従来の「LA-EA1」のような半端な感じのモノでは無く、トランスルーセントミラー内蔵で、かなりAFスピード等も改善してるようです。ただ、価格が400ドル前後ということなので、本体と合わせるとかなりの出費になり、「α77」を買ったほうが安くなるような気がします。最初から Aマウントのレンズを使いたいなら「α77」が良いと思いますが、どうしても Eマントレンズを買いたくない、Aマウントレンズ資産をいっぱい持ってる、けど、最小ボディ(NEXシステム)を使いたいってユーザー向けなんでしょうかね?

そして、気がかりなのが、Aマウントカメラの大きな特徴である「ボディ内手ぶれ補正」です。従来の「NEX」シリーズはレンズ内蔵しか無かったわけですが、「NEX-7」はボディサイズが大きくなったので、内蔵されるといいなっていう妄想です。これならマウントアダプターを介した、手ぶれ補正機能を待たないAマウントレンズでも手ぶれ補正が効きます。まさか、新しいマウントアダプター(LA-EA2?)に内蔵ってことは無いですよね?

まあ、いずれにしても、8月末はお祭りです。

シェアする