人生最後(?)の DOS/V 作りました

シェアする


もうですね、パソコン作るの面倒なんですよね。次回買うならメーカーの完成品と決めてたんですが、かろうじて安く作れるってことで、人生最後と思って1台組み立てました。Cube型 のベアボーンでも良いかなって思ったのですが、メモリースロットは4つ欲しかったですし、ハードディスクの出し入れなんかを考えるとミニタワーくらいは欲しいですもんね。ホントは MacMini も考えてたんですが、コスパ的にもデュアルコアってとこが引っかかりました。ホントは小さくて机の上に置ける方がスマートなんですけどねぇ。


ケースも電源も余ってますから購入したのは以下の5点ですね。

・MicroATX マザー(GIGABYTE Z68MA-D2H-B3)
・Core i5 2500K(LGA1155)
・4GB x 2 メモリー(ADATA DDR3 1333)
・128GB SSD(ADATA S510)
・SATA DVD マルチドライブ

〆て秋葉原のドスパラで5万円以内でした。いや、4万5千円位だったかな。人生最後(?)だからって超ハイスペックのを作るとは限りませんよ(笑)

「Windows」は使ってない「Windows7 Professional 64bit」のライセンスがあります。とりあえず、Adobe Lightroom 3 64bit がストレス無く動けば良い感じです。SSDも128GBなら1万円切る位からありますし、OSの立ち上げやらがサクサク動くので必須です。データはサーバーやらハードディスクに入れれば良いのでOS用にはそんなに容量は要りませんね。「Core i5 2500K」を選んだのは「i7」がまだちょお高いのと、「i7」との違いがハイパースレッドの有無だけって勝手に思ってます(笑)もう色々面倒なんで、深くは考えないで選びました。

ケースへの組み込み、電源投入、OSインストール、と何ら問題無く終了。あっそうそう、グラボは買わないで CPU 内蔵の「Intel HD Graphics 3000」でしばらくは運用してみようと思います。使ってみましたが、十分早いです。スピードが足りなければ1万程度でグラボを追加すれば良いだけですから。ってことで、しばらく使用して様子見ですかね。

ちなみに、SSDによる立ち上げスピードは、BIOS後からで30秒以内くらいでしょうか。手持ちの「MacBook Air 11″」には及びませんが、HDDで1~2分かかってたことを考えると十分早いかなって思います。メモリーについては8GBで十分だと思ってたのですが、Chrome でタブを大量(50個くらい)に開くと結構ギリギリです(笑)まあ、開きすぎなんですけどね。次回は「8GB x 2」買えば、合計で 24GB ですから、当分は間に合いそうです。

あっそうそう、Windows7 ってエディションによってサポートしてる最大メモリーが違うんですってね。知りませんでしたよ。何でそんなことするんですかねぇ??将来メモリー増設とかするなら Windows7 64bit版 Professional 以上を強くオススメします。

・64bit 版 Windows7 Home Premium、16GB
・64bit 版 Windows7 Professional/ Ultimate 192GB
・32bit 版 Windows7 全エディション 4GB

手持ちのライセンスが「64bit 版 Professional」で良かったです。

シェアする