喜多方らあめん大崎食堂@ラーメン花月嵐 #ramen #ラーメン

シェアする


ラーメン評論家さん(?)ってお呼びすれば良いのですかね?で、有名な「日本一ラーメンを食べた男」こと「大崎裕史」さん監修で、売上金の一部が福島に寄付されるという「喜多方らあめん大崎食堂」を食べてきました。「大崎食堂」と言う名のラーメンを「らあめん花月嵐」で食べてきました。ってことですね。ややこしいですね。「大崎裕史」さん自身、福島が故郷らしく、東日本大震災に大変心を痛めておられ、今回の企画が立ち上がったようです。

まあ、正直 Twitter なんかで、「・・・・で寄付してきましたー」とか「復興のお手伝いしてまーす」とか言うのは好きじゃないです。ハッキリ言ってそんなもんはオナニーで単なる自慢だと思ってます。そんなもんは表で人に言わないでコッソリするもんです。それを「どうだ!すげーだろ、○○円寄付した!」みたいのはあり得ないです。

ってことで、私も少しでも復興の役に立てればという思いで食べてきました(笑)



注文したのは普通の「喜多方らあめん大崎食堂」(720円)。スープが濃く見える写真ですが、実際は透き通ったキレイなスープです。「肉増し」(920円)じゃなくても6枚程のってます。スープ表面には細かい脂がびっしりです。チャーシューから解けた脂か?元々別に入れた脂かは不明。


スープはサッパリ味でクセが無く美味しいです。麺も平打ち縮れ麺で「チュルチュル」していい感じです。


チャーシューの厚さはバラバラですが、全体的には薄めです。

毎日でも飽きずに食べられる喜多方ラーメンって感じで、でも、毎日食べてたら飽きちゃうでしょ?さすがに!って感じでしょうか?インパクトはありませんでしたが、「坂内」さんとかで食べるのと遜色ない感じがしました。いや、喜多方ラーメン自体、特徴はあるもののそんなにインパクトがある分類じゃ無いのかも知れませんが。「大崎」さんの監修も利いてるんでしょうが、花月さんには頭が下がります。昔から好きで、チェーン店とか関係なく純粋に私の好みのラーメンが多いです。

ってことで、無くなり次第終了の期間限定ってことなのでお早めにどうぞ。(無くなり次第って何だろ?スープ?麺?)で、食べたら、

「らあめん花月で福島に寄付したぜ!すげーだろ!」って自慢しましょう♪

「大崎」さんの Twitter

あーラーメンもっと食べたい。

シェアする