#Chrome 機能拡張「Tab Memory Purge」が怖くて解決策が見つからない #Google

シェアする


Google Chrome をメインで使用してるのですが、上記画像が頻繁に出てきて困ってます。ブラウズしてると突然現れ、いちいちリロードしなければなりません。ちなみに、2つのウインドウで合計40個程のタブを開きっぱなしにするのが日常的な使用方法です。ちょっと開き過ぎなのはわかっているのですが、利便性が良いんですよね。ちなみに、Windows 7、24GB メモリー、Chrome 32bit or 64bit 版、といった環境で起こります。一度起こりだすと止まりません。再起動か Chrome を起動し直さなければ治りません。

メモリーに余裕があっても起こる症状なので始末が悪いです。そこで、Chrome の使用メモリーを減らす系機能拡張類を色々探しまして評判良さ気なのを使ってみました。それが、「Tab Memory Purge」です。


「Tab Memory Purge」のダウンロードページ

一定時間以上使用してないタブの内容(ウェブページ)を元ページへジャンプするだけのためのシンプルな軽いページに置き換えます。ユーザーがそのタブを表示すると自動的に元ページがロードされ表示されます。これは良いアイデアですねぇ。実際、症状はかなり緩和され快適です。


が、しかし、上記画像を見てください。不具合でかタブを表示しても自動的に元ページにジャンプしないで止まっていることがあります。URL を見てみると「electron226.github.io/Tab-Memory-Purge/?%25title%3D……」とあります。外部サイトです。あの「GitHub」とは全く関係ないようです。

ってことで、何かデータ収集してるように見えます。何かというか、ユーザーの見てるページを収集することが出来ます。制作途中などで一般公開してない秘密のページの URL も収集されます。こっそり見てたエロサイトの URL も収集されます。人に教えることは無いウェブインターフェースの管理画面の URL も収集されます。

わざわざ自サイト(electron226.github.io 内の Tab Memory Purge のサイト)にユーザーの見ているページの URL をストアしとく必要があるのでしょうか?ローカルマシン内部だけで同じことをする機能拡張を作ることは不可能なのでしょうか?

実際データを収集してるか不明ですが、何か怖いので使用を止めました。「Tab Mermory Purge」を使用する方は自己責任で。

シェアする