(初)ゆずごしょうつけ麺屋@扇大橋に行ってきました #ramen #ラーメン

シェアする


いやぁ、気になってたんですよね。今、つけ麺と言うと魚介豚骨か鶏出汁でコッテリした極太麺ばかりじゃないですか。たまにはサッパリした珍しいつけ麺も食べたいなって。で、候補に上がった「ゆずごしょうつけ麺屋」さんに行ってきました。「こ」では無く「ご」なんですね。漢字で書けば「柚子胡椒」なんだと思うんですけどね。



場所は日暮里舎人ライナーの扇大橋駅から歩いて数分のとこですね。ちょっと行きにくい場所なのが難点ですね。


で、注文したのが、こちらの「鴨つけ麺」です。


薄めですが綺麗な鴨スライスが入ってます。


そして、麺が白いです。で、手前の緑の物体が噂の「ゆずごしょう」です!

スープはお蕎麦のつけ汁のような感じでさっぱり、麺は細めでツルツル。量はそんなに多くないので物足りないかも知れません。「ゆずごしょう」は予想を上回るピリ辛で、麺に付けて食べたり、スープに入れたり試してみました。柚子の香りがすごく良く美味しいです。それに考えてみたら、こんな鮮やかな緑の柚子胡椒は初めて見たかも知れません。普通は黄土色っぽくないですか?

ってことで、店名にもなってる「ゆずごしょう」が売りの店だけはあり、ライトな感じの美味しいつけ麺でした。

で、こちらのお店、本業は「ゆずごしょう」製造らしいんですよ。で、営業時間は1日たったの2時間(12:00~14:00)。それ以外は「ゆずごしょう」の製造をしているみたいですよ。ちなみに、月曜、火曜が定休日。自社製の柚子胡椒に合ったつけ麺を出してるってわけですね。


で、当然買って帰ります(笑)手作り無添加無着色だそうです。

ってことで、後日、この「ゆずごしょう」を使って色々食べてみたいと思います。

柚子胡椒職人 平野薫 の「ゆずごしょう」に掛ける情熱はこちらのブログで

シェアする