横から入れると

シェアする

060822_0617~001.jpg今まで使っていたファイルサーバが何だか調子悪いのでフルタワーのケースを新調しました(謎)
もう半年近くも問題を引きずっていて、そろそろ何とかしなければなりません。かなりストレスです。問題というのは「書き込み遅延エラー」です。HDを新調しても消えません。
考えられる原因は沢山あるのですが1つ1つ潰していくのに凄い労力と時間が必要です。で、今までおざなりにしてました。
考えられる原因としては、

・HD自体
・IDEケーブル
・リムーバブルケース
・マザーボード
・増設IDEインターフェースカード
・IDEドライバ
・ネットワークI/F
・ネットワークケーブル
・ハブ
・ネットワークドライバ
・いろんな相性

ざっとこんな感じでしょうか。気が遠くなります。最後の方のネットワーク関連ですが、一見関係無さ気ですが、遅延書き込みエラーは私の環境の場合、ネットワーク経由でのサーバへの書き込み時に頻発してます。なので関係あるかもです。
で、今回問題を解決すべく本気になりました。で、色々テストしながらの作業となるためHDの脱着のしやすい、横から差し込めるケースにしました。
それと、フルタワーケースにすることでスペースに余裕があるため作業しやすいです。それと運用時は冷却効果が望めます。もちろんファンを適切に必要数付ければですが。
少しテストしたのですが、ギッシリ6台のHDが縦に並んでいるのですが、ネットワーク経由でのフルアクセス時でもHD温度は全て28度程度です。
以前にも書きましたがHDはとにかく冷やすべしです。
長くなるので今日のテストはここいらで。

シェアする