夜葉桜撮影会に参加させて頂きました #写真

シェアする


霊園内なので大人気なく怖いっす

先日「夜葉桜撮影会 in 霊園」に参加させて頂きました。既に葉桜の時期でしたので、タイトル通り夜の葉桜を絡めた撮影会でした。メインは、いわゆるHDR撮影の勉強会だったのですが、複数枚撮って撮影後に合成するわけでもなく、カメラ内のHDR機能を使うわけでもなく、全くのマニュアル操作で、撮影時に完結させる昔ながらの方法ですね。HDRと言っても派手なやり過ぎHDR(いわゆるCG化ですね)のイメージではなく、人間の見た目に近づけたり、手加減によって表現を変えたりといった感じですね。写真の現像(デジタルでも)をしたことある方ならわかると思いますが、焼き込みや覆い焼きのような感じですね。



諸事情によりボカシ処理済み

黒い紙をレンズの前にかざし、部分部分によって露光時間を変えての撮影だったのですが、これがなかなか難しく、長時間露光の中で、隠す場所を時間差で移動させていきます。クッキリした境目にならないようにしたり、何回か移動させてグラデーション化したりと、なかなか面白い撮影でした。暗い前景部分も判読可能な程度に明るく、明るいビルや空は飛び過ぎない程度に、って感じですかね。地味なHDRですが、CGと言われない限界ですかねぇ??

普段、風景など全く撮影しないので、とっても新鮮でした。参加者にはプロのカメラマンさんがおり、丁寧に教えて頂きました。普段撮らない被写体を撮るって大切だなぁと感じました。今回のような勉強会があればまた参加してみたいですね。

シェアする